水と草と魚と人と。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  #69 水槽部屋② 完成編 

アルブカ コンコルディアナの花が咲きました。 

アルブカ コンコルディアナ 花  

写真ボケてますね。
葉は元気無く萎れてますが、花が咲くと言うことはこの冬は乗り越えれそうなのかな。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村 

さて、水槽部屋の続きです。 
長いですが、お付き合いくださいまし。   


広さは約2畳、素人DIYにはちょうど良いサイズ。 
(部屋としては狭いですが、これ以上贅沢言えない) 
20170208201059e79.jpg 

部屋を作るにあたり、やりたい事をまとめました。

 ①水槽 
②植物 
③ ①②を眺めながらお酒を呑む。
 今までと変わりなし!!

 次に、作成のポイントを優先順にまとめました。
①断熱 
②気密性 
③格好良さ 
④遮熱 

強度は言わずもがな。
陽当たりは、、、諦めです。 

 では、順を追って、、、

 ①断熱 
色々調べました。外断熱とか充填断熱とか断熱材の種類とか、、、、、
 でも所詮DIY。
出来る範囲で出来うる事をという事で、

全面にスタイロフォームをはめ込みました。
ホームセンターで売ってる普通のグレード(1B)です。
20170208201905649.jpg 

2017020820190711a.jpg 

 天井と床は50mm、壁は50mm×2層。
 足りないのか、やり過ぎなのか、、、、、、
(北海道の様な寒冷地ではないので^ ^、大丈夫でしょう!)

   結果、スタイロフォームをはめ込むだけでもかなり冷え込みが抑えられるのは
事実でした。

2017020820351170c.jpg 

 リビングのエアコンがついているとはいえ、ガラスで隔たれた状態で15℃をキープ。 
朝も10℃を下回る事はなくなりました。
 (1月上旬までは)

 ②気密性 
室内には水槽。勝手に湿度が上がります。  
植物には好都合ですが、木材には不都合かなと。

ので、スタイロフォームの上からポリシート0.2mmで覆いました。 

20170208201908f8f.jpg 

 この効果は不明です。 
夏場に湿気過ぎたらどないしよ。

 ③格好良さ 
まずは壁と天井。 
ポリシートの上から石膏ボードを貼り、継ぎ目はメッシュテープとパテで埋めます。 

201702082019107f0.jpg 

壁紙も考えたのですが、上手く貼るのが難しそうなので、塗り壁に。 
 塗り壁なら凸凹してても、あまり気にならない。
 
201702082054196f8.jpg 

201702082054178a0.jpg 

塗ったのは、珪藻土のホワイト。 

20170208210226827.jpg 
珪藻土は調湿性が高く、最近はよく壁材に使われているとの事です。 
が、、、ネットでは多湿環境ではカビが生えるとの情報も。。。

こちらも夏場にならないと、良し悪し解らないですね。


格好良さは合格点です。

床はフローリング。
20170208211959913.jpg 

こちらも良い感じ。

水槽扱うには不都合かもしれないですけど、見た目重視です。

 ④遮熱 
遮熱、、、、断熱を考えている時に合わせて調べてたのですが、効果的なのは断熱材と外壁(屋根)の間に
通気層を設けて熱を逃がしてやるのが良いようです。
 が、発注した時にそんな事考えてないので、構造的に(僕の)DIYレベルでは不可能でした。

 とりあえず、窓に網戸あるし、換気扇つけたし、
20170208211028163.jpg 

 最悪リビングの窓全開放してたら40℃とかにはならない(だろう)。

 で、ようやく(ほぼ)完成↓ 

201702082131535b4.jpg 

散財ついでに買った90cm 水槽と、YOSSYさんに戴いた90cm 水槽(パルダリウム)がメインです。

20170208213154778.jpg 

ビカクシダ コロナリウムは瀕死の状態。。

ライトはタイマー管理。
もともと日当たりの悪い場所なので、LED照明でカバー。。。けど太陽光には勝てないので、様子を見ながら、どうするか考えよ。


 作業開始が11/13。完成が2/4。
3ヶ月間、楽しかった〜〜。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

3ヶ月ほったらかしの水槽、、、
20170208213152002.jpg 

どうにかせな( ̄O ̄;)



こんなバカのワガママを聞いてくれた家族に感謝!

スポンサーサイト

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。